上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 某所でちょっと書きましたが、月末からぶっ通しでバイトやっててネットどころじゃありませんでした。
 んでまぁ、その間に読んだ本ー。

 P・ブルマン「黄金の羅針盤(上・下)」(新潮文庫、2003)
 春に映画が公開された、「ライラの冒険」シリーズの第一部にあたります。らいららいららいらー。


 ……ってもいまいち書く事ないな。
 うん、面白いですよ。好みの差はあるだろうけど、少なくともハリー・ポッターよりはクオリティが高いです。作者も訳者も。
 これは最近の版だけかもですが、表紙なんかに使われてるのは映画の画面写真かな?

 緻密……というのが正しい表現かはともかく、よく練られた壮大な世界観。広がった話が綺麗に収束していく構成。魅力的なキャラクター。
 バイト中、朝の電車で寝ない為の暇潰しに持っていってたんですが、ばっちり目覚ましになりました。
 頂いたお金で、第二部・第三部もさっさと買ってこようと思います。
 でも第二部、イオニク・バーニソン出ないのかしら。くそう。
スポンサーサイト

2008.08.04 Mon l 一般小説 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

ららららい ららららい
「ライラ」万歳!
ラストは泣ける・・・
2008.08.04 Mon l sasayama. URL l 編集
うん、あれは中々
単行本版の帯には「ナルニア、指輪、ゲドを超えた」とか書いてあったな。
正直世界三大ファンタジーにそれは行き過ぎだと思うけど、今の時代のトップクラスなのは間違いないと思う。
と言いつつ様々な事故で、未だ第二部までしか読んでないんすけどね。
2008.08.24 Sun l はいく. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://owahate.blog50.fc2.com/tb.php/15-d410b229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。